モバイルWi-Fiルーターのメリット

モバイルWi-Fiルーターには、様々なメリットがあります。
一つ一つ紹介していきます。

家でも外でも使える

モバイルWi-Fiルーターと聞くと外出時などに自宅の外で使用するイメージを持つかもしれませんが、モバイルなので電波が届く限りはどこでも使えますので、当然ながら自宅でも利用することができます。

人口カバー率で言うと95~99%はカバーされていますので、多くの方が自宅で利用することが可能なはずです。
自宅でも、外出時も、旅行先でも、そして引っ越しても、面倒な設定や手続きなくインターネット環境を持ち運べるというのは非常に便利です。

通信費を大幅に節約できる

例えば、自宅ではフレッツ光のインターネット回線、外ではスマホでインターネット、というような使い方をしている場合、一人暮らしでも通信費は余裕で1万円を超えてしまうでしょう。
自宅でもモバイルWi-Fiルーターを使うようにすると、自宅のインターネット回線が不要になるので、その分の費用がまるまる削減できます。
これは結構大きな節約です。

また、毎月のスマホの料金が高いと感じている方も多いかと思いますが、モバイルWi-Fiルーターはスマホからも利用可能です。

スマホを自宅の無線LAN経由で使ったことのある方であればお分かりだと思いますが、接続先として選択するだけです。
初回にパスワードを入れる必要はありますが、後は自動でつながります。
こうすることで、スマホではキャリア回線でのデータ通信をいっさいせずに、パケット代をゼロにすることすら可能です。

ちなみに私の場合は、ガラケー+解約済のスマホ(iPhone4(笑))+モバイルWi-Fiルーターを使っていて、通話とメールはガラケー、Web閲覧はスマホ、という使い分けをしていますが、毎月のケータイ代は約1,000円、モバイルWi-Fiルーターが3,000円弱で通信費は毎月4,000円くらいです。
自宅でもモバイルWi-Fiルーターを使っているので、通信費全体としても本当にこれだけしか支払っていません。

ここまでしなくても、スマホ+モバイルWi-Fiルーターを使えばスマホのデータ通信プランが容量少なめでも大丈夫ですし、自宅のインターネット回線の分はまるまる通信費を削減できます。

いろいろつながる

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

私が使っているモバイルWi-Fiルーターだと、最大で8台の機器を接続することができます。
PCとスマホは普段からつないでいますが、それ意外にもWiiやKindle、Nexus7といったゲーム機やタブレット端末もまとめてモバイルWi-Fiルーターにつないでいます。
これはやはり、便利です。

回線契約、回線工事、プロバイダー契約すべて不要

モバイルWi-Fiルーターはその名の通りモバイルなので、NTTなどの固定回線契約はもちろん、自宅の壁に穴を開ける回線工事やNTT局内やマンション内の回線工事も不要です。
さらに、プロバイダー契約も不要ですぐに使い始めることができます。
これは何気に便利です。

特に学生さんや転勤族の方など、数年で引っ越すことが分かっている場合、特に手続きなしで同じインターネット環境を使い続けることができるのは大きなメリットです。

すぐに使える

引っ越したけどすぐにはインターネットにつながらない、という経験をされたことがある方も多いかもしれません。
フレッツ光など、通常のインターネットでは契約手続や回線工事などで、開通まで数週間かかるなんてこともザラです。
一方、WiMAXならなんと最短で即日発送。
早ければ申し込んだその日にインターネットにつながってしまいます。

次の記事では、モバイルWi-Fiルーターのデメリットを紹介したいと思います。

arrow-blue-forward次の記事:モバイルWi-Fiルーターのデメリット

サブコンテンツ

このページの先頭へ